<< むちうちの怖さと難しさ  施術回数の目安 >>
整骨院を上手に利用しましょう
 今では街で「骨つぎ・脱きゅう」と大書された白い看板を見かけることは少なくなりましたね。かつての整骨院の看板の殆どがこれでした。
 整骨院はもともとは柔術家達が試合や練習の際に起こった骨折・脱臼・捻挫等の負傷を自分達で治していた手技が、筋肉や神経の解剖・運動学的特性、現代医学的な視点からの検討を経て発達したものです。
 しかし、近年整形外科医院の増加や救急医療の発達によって、最近では骨折・脱臼の治療は、応急処置と保存治療を除き、多くの場合、レントゲン設備の在る整形外科や救急病棟での診察を受けるようになってきています。
 現在、整骨院での主な施術は骨折・脱臼等の治療よりも、日常的なリハビリ治療・慢性的な筋肉の挫傷や捻挫の鎮痛・骨の位置矯正等を目的として長期間定期的に通院する患者への施術が、より多くの割合を占めてきています。
 整骨院では温熱・低周波治療、牽引、手技等が施術の中心になります。そのため、患部に与える負担が少なく、患者側にも痛みの少ない治療ともいえます。
 また、医療費用の面でも一回あたりの施術費用も安く(各種保険適用の場合)、短期的に治癒しにくいとされる「むちうち症」等の治療や長期の機能回復訓練の場合にも、安心して通院することが出来ます。
 特に筋力の低下にしたがい運動負荷に対する疲れが大きくなり、多くの薬を常時併用して服用している場合が多い高齢者の場合、副作用の少ない整骨院の施術は非常に優れているといえるでしょう。
 整骨院に通えない状態で軽度のリハビリ・機能回復訓練が場合は、往診にも対応してくれる整骨院も多いので一度相談してください。
 整骨院を上手に利用して、日頃の健康維持に役立てましょう。

[PR]
by tairaacp | 2007-09-10 14:00
<< むちうちの怖さと難しさ  施術回数の目安 >>